SILVER CHAT・FAT

アクセスカウンタ

zoom RSS 銀粘土と銅粘土の同時焼成

<<   作成日時 : 2017/12/09 00:57   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

今日は銀粘土講師として活躍されている先生方をお招きして、銀粘土と銅粘土を同時焼成する作品を制作していただきました。

焼成には時間のかかる銅粘土ですが、合間にランチをしたり、テクスチャーモールドの講習を挟んだりと、盛りだくさんの内容でした。


磨く前ですが、お二人の作品。
ちゃんと焼成できています!
焼成が難しい象嵌技法
私流の講習内容ですが、お二人とも頑張ってくださいました。


画像



画像



仲良しの講師仲間なので私の作った自家製天然酵母もパンランチも(笑)

画像


とにかくしゃべりまくりで楽しい講習になりました❗

久しぶりにぽちっとよろしく

にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
突然メールをしてすみません。
私はアートクレイシルバーの府中工房に月一回石留めの講習を受けているものです。
関先生の彫金コースを終了して、自宅で教室を開いています。
銀粘土と銅粘土を同時焼成のコースをチャレンジしようか、検討しているのですが、
少し迷っています。そこで、もし一度体験がさせてもらえたらと思いメールをさせて
頂ました。一度レッスンお願いできますか?。でも、お願いしてお伺い出来る距離の
先生なのかも解らず、質問させて頂いております。お教室は何処ですか?教えて頂けますか?授業料はおいくらですか?
出来ましたら、返信を頂けましたら幸いです。
森田なみと申します。ranran2co2co@gmail.com
2co2co2co 森田なみ
2018/01/01 21:25
森田さん、コメントありがとうございます
自宅教室はさいたま市です。
ただ、現在、新規の生徒さんは募集しておりません。
私の銀粘土銅粘土の同時焼成方法は、アートクレイでやってる『新木目金』とは違います。『新木目金』の講習は受講していないですし、自分でいろいろ研究してできるようになったテクニックです。なので、一般の方(生徒さん、講師資格を持っている方でも)には講習はしていません。

私の教室の研究科の生徒さんまたは私が受講していただいてもいいと認めた講師の方々のみとなっております。
大変申し訳ありません。
non
2018/01/17 17:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
シルバー地金価格
銀粘土と銅粘土の同時焼成 SILVER CHAT・FAT/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる