SILVER CHAT・FAT

アクセスカウンタ

zoom RSS ダイクロのシンプルリング

<<   作成日時 : 2008/05/16 10:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

昨日焼いていたリングが、電気炉の中で一晩眠って、
今朝出して、仕上げてあげました。

画像


キラキラきれいなダイクロガラス。
協会展の時に買ったモノです。
自分でフュージングした物よりカットがきれい。
まわりにゴテゴテ、銀粘土で囲うより、とにかくシンプルにしたかったんです。

画像


リングメーカーでリング部分を作り、
ダイクロを入れる部分を削り、ガラスの高さが割とあるので、高さに合うように粘土を足していきました。
溝を2本入れて、いぶして溝だけを黒くしようかとも思ったのですが・・・・

黒い線が二本もつまらないかな・・・
なんてやっているうちに、困ったときのミルタガネ。

画像


溝と溝の間のの部分にタガネを打つことにしました。
それもいぶしてから・・・
画像


ちゃんとお勉強した人から見れば、こんなの邪道なんだろうけど、
いいのいいの、結果オーライだから・・・。

するとね・・・畝の部分にポツポツと玉コロができていってね、
そんで、そこだけグリグリするからいぶしが落ちちゃうんだよね〜

だからちょっとだけ光るんです

この程度ならダイクロガラスの輝きを邪魔しないし、
いい感じじゃないでしょうかね・・・。

画像



そういえば、ミルタガネって宝飾関係のお仕事されてる方は、ナナコタガネって言うんでしょ?
何でミルなんでしょう?何でナナコなんでしょう?
それもね、ナナコって漢字で書くと魚子なんだよ!びっくり。
なんか魚に関係あるのかなぁ・・・
どんな理由でこのネーミングなんだろ〜?



このリングも高さがあるので、結婚指輪の上に重ね着けできますよ。


さて、明日はリングメーカー開発者の北康孝先生のセミナーがNVサンアートであります。
私もお手伝いで参加します。
先週の土曜日の第1回目も充実の内容で大好評でした。
はじめてサンアートのセミナーに参加する方もたくさんいるようです。
ブログでお知り合いのかたもいらっしゃるでしょうか・・・。
たくさんの出会いがあることを楽しみにしています。



何事も勉強だねぇ〜と思ったら
ぽちっとよろしく!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シルバーへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
きゃーっ(>▼<)
このリング、すっごく綺麗で、素敵っ!
欲しいくらいです。

あのダイクロガラスは、本当に超お得品でしたよねぇ(^^)
まだむきてぃ☆かおり
2008/05/16 14:08
ちょっと見ない間に・・素敵なリングが出来ていますね〜

ブルーと緑と紫が良い感じに出ていますね(^_^)b

ダイクロガラス?がよく分かりませんが 粘土と一緒に焼いても大丈夫なのですね。
toru
2008/05/16 19:02
タガネとか分らないことがたくさんだけれど、このダイクロガラスがきれいなまま生かされていてと〜〜っても素敵!!
作り方もいろいろあって良いと思うので「結果オーライ」←そのとおりって思います。
horibee
2008/05/16 19:53
タガネもこういう使い方をすると面白いですね〜♪
まだまだ奥が深い道具だ…使いこなせないのに
道具から入る人なので持っているのに。

nonさん、サンアートさんって四谷あたりに
お引越ししましたよね?今度、そちらの講習に
参加したいなぁ…
ちびとらママ
2008/05/17 07:31
nonさん、こんばんは^^

この、ダイクロガラスといいHANABIといい綺麗ですね〜
┬┴┬┴┤_・)ジ〜っと見ちゃいました。
オイラも、今度挑戦してみようかな?

石の使い方教えてもらってもいいですか?(//∇//)
またり
URL
2008/05/17 22:06
まだむきてぃ☆かおりさん
ありがとうございます。
協会展の時はうんと安くしてくれてましたからね。
ホントお買い得でしたよね〜!

toruさん
えへへ、ガラスに助けられてる作品ですね。σ(^◇^;)
ダイクロガラスは、金属を蒸着させてあるガラスのことで、
その上に透明のガラスなどをフュージング(重ねる)して
↑の様なきれいなガラスに仕上げるんです。
今回使用したガラスは、カットしたり重ね合わしたりする加工を
きれいにしてくれてあるものですので、使いやすいですね。
ガラスが溶けない温度で銀粘土を焼けば問題ないので、
手軽に銀粘土とガラスのコラボ作品が作れるんですよ。
non
2008/05/18 08:26
horibeeさん
ありがとうございます。
『結果オーライ』で今までやってきましたので、これからもそんな感じです。
ちょっとした時間で作れる作品を紹介していきたいと思っています。
horibeeさんもまたはじめてみませんか?

ちびとらママさん
私も、持ってるのに使ってない道具たくさんありますよ〜
せっかく買ったのだから使ってあげないとダメですよね。
使うために作る作品(講習用など)もアリだとおもってます。
NVサンアートは四谷と市ヶ谷の間くらいですかね。
東京ヴォーグ学園のビルに入っています。
そうだ!転写紙や白磁関係の器がた〜くさんショップにありますよ。
5階のショップに是非足を運んでみてください。
今回のセミナーもアートクレイの方がたくさん参加されてました。
垣根を越えて自由に参加できるセミナーばかりなので、
今度は是非ご一緒しましょう!

non
2008/05/18 08:55
またりさん
ありがとっ!
挑戦してして!私でわかることは何でも教えますよ!
ダイクロガラスも、HANABIも、それそのものがとってもきれいなので、
シンプルに作った方がいいのかなぁ〜とおもっています。
もちろん、銀粘土の良さもプラスして、どちらも活き活き輝く作品になれば
なおのこと良いのだと思うけど!
non
2008/05/18 08:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
シルバー地金価格
ダイクロのシンプルリング SILVER CHAT・FAT/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる