SILVER CHAT・FAT

アクセスカウンタ

zoom RSS サンドブラストセミナー

<<   作成日時 : 2007/12/06 22:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

今日は上枝先生のサンドブラトセミナーに参加しました。
ガラスに砂を吹き付けて彫刻を施すセミナーです。


みなさん、陽だまりや府中で受けられたのか、大宮は2人。
私と大先輩のM先生。
営業のMIZO氏と上枝先生と4人で仲良く、贅沢な講習でした。

2人ともエマイム技法は何年か前に教えていただいていたので、
午前中にちゃっちゃと造形はすませ、
昼食後にサンドブラスターをかけました。
ステンシルシートなども持参したのですが、先生却下
自分でデザインしてシートをカットし、サンドブラスターをかけました。
まだ磨いてないし、いぶしもかけてないのですが、とりあえずアップします。


画像



画像



人数が少なかったので、焼成もあっという間でしたし、
その分時間もあって、質問しまくりでした。
先生も気さくに答えてくださり、元々お得意なおやじギャグ満載。
レベルが高すぎて、ぜんぜんわかんないのもあったけど・・・

画像

先生、写真OKだったので、写させていただきました。
(先生にピントが合ってるのもあります

先生と銀粘土の将来についても熱く語って、有意義なひとときでした。

銀粘土インストラクターなら
「彫金にはできない、銀粘土ならではの技法の習得および開発」
を目標にがんばらないといけないと、改めて考えさせられました。

「いつまでも、『彫金の方が上』と言わせてはいけない。銀粘土にできて彫金にできないことはたくさんある。見下した発言が多いのは、彫金をやっている人に銀粘土の知識がない人が多いからだ!マネはいけない。銀粘土で彫金のマネをしても意味がないんだよ」と、
彫金を長年やってらした上枝先生が言われるのですから、重みがあります。
ホントにそうだな〜と思いました。

私は銀粘土をはじめる前に彫金をやっていたり、
芸術美術にたいする専門的な知識があったわけではないので、
まだまだ未熟な部分が多いのですが、
いままで、『銀粘土のことなら何でも知ってる人になりたい』とおもって勉強してきました。

今日のセミナーで、いろいろ迷っていたことや悩んでいたことが、ス〜っと楽になり、
これからもがんばってやっていこうという気持ちになりました。
上枝先生ありがとうございました!




               


余分にもう一個かけらで作りました。
普段するならこっちくらいの大きさでないとね・・・
画像



グラデーションもあってなかなかおもしろい
サンドブラスター、またまたはまりそうです。
持ってたのに机の中に入れっぱなしだったので、
これを機に、出して使おうと思います。

教室に持っていってみんなで使いましょう
きっと楽しめるはずですよ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
上枝先生、楽しくつくることを教えてくださいますよね!!!
みれい
2007/12/06 23:31
サンドブラストって始めて知りました。
みなさんのブログを拝見してるといろんなものがあるんだな〜ってお勉強になります。
シルバーとのコラボを楽しめるようなものがいっぱいですね♪
彫金と銀粘土。。。まだまだヒヨっ子ですが、漠然となんですが銀粘土を追求したいなって思いはじめてるところだったので、上枝先生の言葉に深さを感じました。
銀粘土らしい銀粘土ならではの作品を生み出せるように頑張りたいなって改めて思いました(^^)
なんか硬いコメントになっちゃってすみませ〜ん(^^ゞ
mana
2007/12/07 08:18
上枝先生のお話は、よくお聞きしていました。…が、写真を拝見するのは初めてです。「う〜ん、マンダム!」(古い?)って感じの紳士な方なのですね。
racusa
2007/12/07 18:32
サンドブラストのグラデーションが素適ですね!
やはり、ステンシルシートより断然大人っぽくてアートな仕上がりになりそうですね。
上枝先生の講習は、あの強力ガスバーナーの炎のイメージに恐れをなしてて^^;まだ参加するに至ってませんが、確か師匠が大阪講習受けてらしたと思うので感想聞くの楽しみにしてます♪
anela
2007/12/07 22:38
みれいさん
上枝先生、熱いです(*^_^*)
ホント銀粘土をはじめた頃のワクワク感をまた体験できた感じです。

manaさん
彫金、銀粘土それぞれの良さがありますよね。
比較してどうこう言うのではなく、それぞれにしかできない何かを
表現していけばいいと思うんです。
銀粘土の手軽さをまだ知らない人に知ってもらう・・・
それが私の仕事だと思っています。

racusaさん
マンダムなんて・・・知っててうれしい(^0^;)
チョ〜おもしろい大阪のおっちゃんです。(先生ごめんなさい(m_m))

anelaさん
相変わらず「炎の講習」でした。
でもその技法は誰にも思いつかなかったものなので、やっぱり先生はすごいです。
takako先生お元気でしょうか。よろしくお伝えください。
non
2007/12/08 10:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
シルバー地金価格
サンドブラストセミナー SILVER CHAT・FAT/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる