SILVER CHAT・FAT

アクセスカウンタ

zoom RSS CADセミナー

<<   作成日時 : 2006/11/29 19:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

今日は新宿陽だまり工房でJCADの講習がありました。
講師はコンテストの審査委員長でもある 三木稔先生。
CADは建築で使うもんかと思っていたら、
立体に設計するものはだいたいCADで製図するそうです。


画像


パソコンがひとり1台支給され、苦手な人でも大丈夫なように、
丁寧にご指導いただきました。私の前の席は、クロッシェのK曽先生!
そのお隣はTつねみ先生。私の隣はビッグスト〜ンM川先生〜!


画像


画像



先生の「いいか〜い!OK?」というやさしい声が
パソコンの前で緊張している私たちをリラックスさせてくれます。

画像



CADのソフトは12万円もするとか・・・
買えないけど、使ってみてすごくおもしろいって事がわかったし、
今まで手描きで大変だった製図が、あっという間に出来てしまう、
すばらしい優れものでした。

私も甲丸リングに石枠をつけてみました


画像


その後、意匠登録や著作権の勉強をして、
デザインに対する認識を新たにしました。

オリジナルにこだわる作品作りは、とっても大事なことで、
自分の権利を守るため、他を侵害しないため、
まだまだ勉強することがいっぱいのようです。

P会員のセミナーに出席すると、大御所の先生方が、
私と同じように受講してらして、
いつも、「私はここにいて良いのだろうか〜」という気分になります。
今日もすご〜い先生ばかり!
コンテストの後のパーティの時も、
「アナタなんでここにいるの?」って感じで、
私はひたすら食べまくってたけど、
やっぱり、お話しさせていただくと、素敵な先生ばかりで、勉強になります。
作品は様々だけど、純銀粘土に対する真剣さはみなさん一緒。
本当にいろいろ勉強されていて、刺激的です。

そういったお仲間になるには、
胸はって出席出来るように、いっそう精進しなければいけませんね。


とにかくがんばろう!
10年一区切り。あと4年は勉強だと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
CAD。お墓の設計もやりますよ〜。お墓用のソフトは50万位してましたが、最近は安くなったのかなあ。私はむかーしのJWCADしかやったことありません(><)それだけに集中しないと付いていけない…。
脳みそが年々とけてますう。
chamiusa
URL
2006/11/29 20:40
CADっていろいろな設計に使うんですね。
私も建築に使うものだと思っていました。
それが分かっただけでも勉強になったような(^^ゞ
面白いって言えるnonさんすごい♪
horibee
2006/11/29 21:10
chamiusaさん。
風邪はよくなりましたか?
ソフトもピンキリらしく一番安いので12万って言ってました。
あまりに高いからレンタルもあるらしいのですが、
データが保存できないんですって。
まあ仕事でガンガン使わないと、モトはとれないでしょうね〜
でも買おうとしている先生もいたのよ〜(◎-◎;)
non
2006/11/29 21:38
horibeeさん
いやいやホントに楽しいんですよ。
教え方がよかったっていうのもあるんでしょうが、わかりやすくって、
ぱっとワンクリックでどんどんデザインが変わっていくんです。
真珠を入れた指輪なんてのも作ってみましたが、
真珠を入れるへこんだ部分も、あっという間に描けちゃうんです。
CADを触れただけでもよい経験になりまた。
non
2006/11/29 21:42
僕はJ−CAD匠というソフトを使っています。
J−CADで作ったものは、光造形の機械で立体に起こせます。
その立体はロストワックスの様に焼失原型として使用します。
銀粘土は全く出てきません。
なぜ、アートクレイで教えるのでしょうか?
不思議です。
kita
URL
2006/11/29 22:22
kitaさん。
ですよね〜。楽しかったンだけど、ソフトもってなきゃ何の役にも立たないんです。でも、「知ることが、刺激を受けて大事!」って言ってました。
焼失原型もみせていただきました。(説明もしてくださったんですが???な事ばかり)
たぶん大御所のみなさんが、ご自分のデザインで独立なさる時に必要だと言うことなんだと思います。
銀粘土で無理に使うということはないようですよ。
使えても石枠もオーダーくらいだとおっしゃっていました。
non
2006/11/30 17:11
いやぁ、アートクレイ、なかなか心が広いなぁ・・・と。
三木さんと組んでいるのは、良いことですね。
僕も三木さんに習いたいなぁ。
kita
URL
2006/11/30 18:04
じゃあ仲間になりませんか?課題提出して認定証とるとか・・・(笑)
今回はプレミアム会員対象だったので、特別だったかも。
三木先生は、いつもやさしくて丁寧で、話題がつきない方なので、
先生とお話できる機会のあるときは、なるべく参加しています。
入賞して、コメントもらえるようになりたいんですけどね!
non
2006/11/30 19:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
シルバー地金価格
CADセミナー SILVER CHAT・FAT/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる